ちょい寒さ、晴れ

克子さんの移動書店へ。

 

行きの電車は結構混んでいた。乗り込んだときちょっと離れたところがふたつ空いて、逆のドアから入ってきた人が一人座り、私もそのまま歩けば座れる、と思ったときに後ろから杖をついたおばさんが入ってくるのが見え、一気に混乱した。その隙に別の人が座り、おばさんはしんどそうにドア脇の手すりにもたれかかった。荷物をパッと置いてから誘導すりゃよかった。おばさんに誰も気づかない、それか、気づいてても譲らない。次の駅で席が空いたらすかさず取るぞ、いやそこまでするなら優先席のところに行って、だれか彼女に席を譲ってくださいと言うぐらいやるべきでは、と葛藤しているうちにおばさんは三駅ぐらいで降りて行った。

乗り換えた電車は始発で座れた。二駅ぐらい先で今度はおばあさんが乗ってきたので、光の速さで譲った。さっきの失敗を取り返す勢いで。

公園は大賑わい。

他にお客がいなかったのでだいぶ長居して克子さんとあれこれとりとめなく話をした。

本二冊買う。

山道具屋へ行くべく神田へ。

駅を出て信号待ちのとき、斜向かいのビルの下でしゃがんでいる人がいて、警察官ぽいなあと思った。信号を渡って近くに行ったら警察官だった。無線で話していた。

仰向けに倒れているミニスカートの若い女の子の介抱をしていた。その先に自分のメインバンクがあるのが目に入った。本を買ってお札がゼロになっていたのでちょうどいい。前を通ることになった。通りがかりに見ると、警官もこちらを見てきた。金をおろして、再び横を過ぎながら何か手助けをした方がいいのだろうかと迷う一方、プロがこうして介抱しているのだし、助けも呼んでいたのだからとも思って、何度も振り返りながらしかし戻らなかった。いや何もできないということもない、生足だったのだから自分が着ていたコートをかけてあげるぐらいできた、今からでもどうだ、と二つ先の信号を渡ってからまた振り返ると、ようやく駆けつけたらしい他の警察官の姿があった。結局関わらずに終わり、冷たい都会の人間だった。

店に行く15分ばかりの間にパトロール中で留守の交番があり、遠くの道を走っていく救急車もあった。

そしてこの件は、家に着くまで挽回のチャンスはなかった。

山道具屋は目的の商品が品切れで、エクササイズだけ教えてくれた。

店を出て駅を目指して歩き始めたとたんにMさんからLINE。

 

心地よし、曇り

終日、実家。

リネンの端切れを接ぎ合わせる。目的はない。

自室の家具の配置替えをする。部屋が狭い…と思うたび、姉への怒りが湧く。

もっと抜け目なく立ち回るべきなんだろうな。でも抜け目なく立ち回っているときの自分への嫌悪感がすごいのだ。

寒くはない、晴れ

姉誕生日。

プレゼントはゆうべ日付が変わってからトイレに立ったついでに部屋に置いておいた。

 

 

退社後、Kちゃんの個展見て、神保町。

今日はSさんがいないので生徒のみで。

ザ・絵画のモデルみたいなポーズが続いた。

後半、モデルさんが「何か希望があれば」と言ってくれたのだったか?

Kさんがリクエストを言ってくれてから私も希望を述べるなどし、一気に気持ちが楽に。そして描きやすく。

でもだんだん、自分のこういう行き当たりばったりの描き方ではどこにも向かえないという気持ちに。

 

わりといい、晴れ

一旦部屋に行って荷物持って戻る。

歩き方を気をつけてみると、右の股関節のぐきっとなるのは回避される。

けど医者に行った方がいいのだろうなあ。

 

 

引き続き「日記の虚実」読む。徳富蘆花がクソすぎる。

えっ。

琴さんの恐怖と立場を思うとその場に乱入して暴れたくなる。

徳富蘆花には当然腹が立つが、琴嬢の内面について一切想像を巡らしてないんだろうなあと思われる紀田順一郎にもむかっ腹が立つ。そういうことを掘り下げる文脈ではないにしてもだ。

 

 

ピカッとクロスで風呂場の鏡を拭いてみるが、蓄積され過ぎているのか目立った変化なし。しばらくは入浴のたびに拭くことにする。

 

 

なんか過ごしやすい、晴れ

今日こそは出勤しなくてもいい日だが、同時に母のデイサービスの日なので起床。睡眠時間3時間。

そのまま活動して、11時半出る。オペラシティの和田誠展へ。

12月16日までなので早いうちに行っとけばゆっくり見れるだろという目論見だったが結構入場待ちの列が出来ていた。中はそこまで混雑していない。若い人が多い。

子どもの頃の絵日記や漫画があって、6歳のときの絵日記の顔がすでに和田誠顔。

一部屋目がレトロスペクティブで、2部屋目はコの字型の巨大な壁面にポスター、一面が文春の表紙。圧巻。表紙は時系列ではなく、モチーフ別になっていた。

しかし見るほどに、ご本人が「宇野安喜良みたいに熱狂的なファンはつかないんだ」とぼやかれていたのを思い出す。

最後の「ただいま制作中」の動画でついに眠気が襲ってきた。なんとか持ちこたえて全部観る。なんでこれ30分越えなのに立ち見にしたんだろ。和田さんの、大好きな、落語みたいなしゃべり方。

麻雀放浪記」を初めて観たときに「描いている世界と裏腹になんだか上品だなあ」と思ったんだったったが、映画「ガクの絵本」ができたときに椎名誠沢野ひとしと鼎談した記事が展示してあったのを読んだら、映画「ガクの絵本」について「上品だ」と椎名誠が言っていた。上品なんだよなあ。

高校生から大学生までの日記「だいありい」が出版されていたのでちょっと迷って買う。

 

見終わって外に出るまでに目に入ったどのカフェも満席。のみならず、ベンチというベンチにぎっしりと人々が座っている。ほんとに緊急事態宣言終わったなという感じ。

念願のフヅクエへ。満席の張り紙がしてあったが、会計をしている人が中に見えたので待つ。

ほんとにみんな読書に集中していて最高。

使用上の注意的冊子兼メニューが読み応えある。最後のほうに、店で読まなくてもホームページを見ればいいようにしたと書いてあった。

2時間ぐらいいる。「パタゴニア」読む。だいたい睡魔と戦う。

帰るときに、寝っ転がって読んでる人がいて、次来るときはあの席が空いてるといいなと思った。

 

 

帰ってサンマ焼く。

舘ひろしファミリーヒストリーなど。

母、ずっとテレビ。

 

紀田順一郎「日記の虚実」読みだしたら面白い。

いや古本屋で面白いと思って買って積んであったものなのだから、面白いのは当然なのだ。

 

 

和田誠「だいありい」を公にするにあたって、日記はお父さんのプライバシーなんだから!と息子たちに止められたと平野レミが序文で書いていて、ハッとする。

それをまた更に何かしらに利用することは下品だな…というためらい。徹底的にやればいいのか?そういうことでもないよな。下品を引き受けるとかいうことでもないし。

人のふんどしで相撲を取るってことかな。あと、尊重とか。

 

むしろあったかい、曇り

スマホのアラームで目が覚めて、「あー今日は出勤しなくてもいいー」と幸福感に満ちたが次の瞬間「まて月曜だ」と気付く。気付いてよかったのか悪かったのか。

遅刻せず出る。

 

 

夜、母が寝る前にごたごた。

祖母がわたしたちのことをとても心配して、言われて来たが、あんたたちは非常に立派にやっていることがわかったので自分は明日祖母のところに帰る、という主張。

そのときはイラっとしてしまったが、あとで考えると、自分の使命というか役割というか存在意義をそこに求めてのことかも知れない。(認知症のために)自分で積極的にできることもなく、何をも求められないで生きているのはしんどいことなのかもしれない。

応えるためにはどうしたらいいのか。

 

ガウチョパンツのスカートへのリメイク。遅々としてしかしやる。

 

あんま寒くない、曇りのち雨

絶対夕方から降るので!と確信に満ちた天気予報とやる気の空模様。

天気予報とアメッシュを何度も確認しながら例の河原に行って桜の枝を燃す。

2時間でだいたい燃えた。大きい焚き火台が欲しくなる…。

撮影と片付けの手際は格段に良くなったと思う。

ファミリーがたくさん。両隣も若い親子。左隣は最初お母さんがキー!ってなってたけど、後の方は楽しそうにしていた。

対岸には釣りのおじさんがこれまたたくさんかたまっている。

電車もやたらと混んでいる。

一度部屋に荷物を置き、姉の誕生日プレゼントなど買いに出る。アルマジロのジョンが最適解だろうなと思ったが、玩具屋にはなかった。

餃子屋に助かりに行く。先客一人、食べてる間に帰る。そのあと後客一人、食べてる間に帰る。

雨よく降る。