まだ暑くない、曇り

クリーニング引取。ここは看板犬のプードルがいる。いつもは店内を縦横にしているが、今日はカウンターの上のプラスチックのバスケットに収まっていて(私の直前に大好きなお客さんが来てテンションマックスになったあととのこと)、撫でていたら前足で私の手を引っ張ってその上に顎を乗せた。店主のおばさんが服を探している間、ずっと撫でて癒される。すずが死んだことを話したら、飼っていた猫の話をしてくれて、なんだか涙があふれそうになり、急いで帰る。

 

うつわ届く。

 

レイトショーで「名探偵ピカチュウ」。

始まる前に買い物をして、いつもの中華でラーメンを食べて、という計画だったがぎりぎりに入ったため時間が迫ってきて焦る。この食い意地がいつも時間を乱しているな、と気が付く。なんとか食べきって間に合った。いつもは湯麺だが今日は胡椒ラーメン。美味い。

終盤の谷間の場面で、すずもこういうふうに連れてきてやれたらと思って泣ける。

帰って、「雪の階」を限界まで読んで寝る。2階の人は大いびきをかいている。

そんなに暑くない、曇りときどき晴れ

出がけに駅前の信号で、料理屋に上がる階段のところに軽自動車が突っ込んで大破していた。警官多数。立て看板が壊れている以外は大きな被害はなさそうだった。どうやったらあそこで突っ込めるのだろうか。

 

 

展示会二日目。

一度出てから抜けてまた戻るつもりだったが、昼は来なくてもいいと言ってくれるのでお言葉に甘えてウールを洗濯したりする。

Kちゃんと東京芸術劇場ローザス。こないだのは1時間ほどだったが、今回は2時間の長丁場。チェロをずっと弾き続けた演奏家がすごい。

ダンス自体は、バッハの曲についての知識があればなあと思うものだった。

ケースマイケルはポーカーフェイスでかっこいい。

西荻窪でノン買ってお店に行くと、今日も大盛況。

娘ちゃんハッスル。

じゃれているとき、大事にしていた猫のぬいぐるみを返さなかったらキレて「ろくでもない女」と叫ぶ。小さい子から投げつけられる言葉はけっこうこたえる。

 

だいぶオーバーして撤収。帰り際、美名子さんが泣きそうになると、娘ちゃんが先に泣き出した。ほろり。

 

3人で軽く呑んで帰る。

 

 

「雪の階」を読んでいる。なんだろう、面白い。すごく。

 

尊重されていないと感じたときはちゃんと自分を大事にしよう。

 

結構暑いか、晴れ

展示受注会初日。

大盛況。

美名子さんフル回転で働く。

あまりすることがないので申し訳ない。

明日はすぐに帰ってしまうので、4人で飲みに行く。

美名子さんの経歴の濃さに驚く。

蒸すが暑くはない、曇り

溜まっていた可燃ごみを出す。

ほぼ1か月分だ。

いよいよすっきりする。

 

すずが逝って一週間たった。

復活してきたので、滞っていた連絡をしまくる。

 

 

奥泉光「雪の階」読み始める。分厚いが出だしは面白いぞ。

 

 

 

Hぴょんの個展にIを誘ってみたら、まさに行った直後だった。

せっかくなのでみたいになって学大で合流して餃子食べる。

旦那さんが高校生のころに心酔していたギリシャ悲劇の解説書?を結婚する前にくれたのを今読もうと思って持ち歩いていると言って見せてくれる。序文で眠くなってまったく進まないそうだ。「カルテット」のエピソードみたいだ。

帰って、布団で「雪の階」を読んで眠気が来たので寝る。こんなパターン何年ぶりだろう。ふつうはこうか。