ひんやり、曇りのち晴れ

昼はとにかくラーメンをすすりたいと久しぶりの中華屋に行く。自転車を停めている間に男性が一人入って行った。続いて入ったら食い気味に「満席です」と言われてしまう。

とりあえず洗濯物を干しなおす必要があるので実家へ。一平ちゃんマヨわさび。湯をわかしていると姉があてつけがましく台所の整理を始める。本人は今まさに自分の昼飯を食べるというところだったはずだが。あほ臭くて一旦外へ出て玄関を入ったらまだガチャガチャやっているので湯が沸くころ合いまで洗面所でけん玉をやっていた。戻ると食べてはいたが、私に食えとよこしたはずのスープを自分の席に置いている。意味わからん。

アマプラでブライガー第一回。ノリが軽くていいなあ。予算は少ないなあ。というかサンライズの画力が高い(ザブングルと比べて)。

 

夜、窓から素晴らしい風。6月中旬とは思えない。このままこの感じで夏になって欲しい。