さあ寒い、晴れ

夜、「荒武者キートン」。母大笑い。

キートン体張りすぎ。そしてヒロインもなにげに身体能力高し。

汽車を犬が追いかけるシーンは、犬括り付けられてない???とかなり微妙だったが。

 

母が寝てから「殺人の追憶」。2回目。ほぼほぼ忘れていた。

犯人扱いされた美青年については、冤罪だが体制側に対する強い反発をあらわしているのかも?と思ったが(初登場のシーンで本を読んでいたりするし)、あとでググったらモデルとなった事件の真犯人も女性的な顔立ちの美青年だったので、単純に犯人か。

工場前で被害者になる女性が不安がりながら歩くBGMのない静かかつ緊迫感のあるシーン、あそこからグワッと掴んでくる。